バイオセンターで作った球根は農家で栽培をしています。
そして、切り花として関東、関西などの市場に出荷しています。
ササユリは、栽培の難しいユリなので栽培での問題をひとつひとつ解決しながら安定生産、生産拡大に取り組んでいます。

ササユリの畑栽培・切り花出荷

1
 培養した球根を花が付く大きさになるまで1〜2年畑で栽培します。
 秋に球根は堀上げ冷蔵します。
 冷蔵処理をした開花球根は1月頃畑に切り花出荷用に定植します。
2
 3月頃発芽を始め4月頃に蕾が見えはじめます。
 大きな球根には数輪の蕾が付きます。
 
3
 5月頃から6月上旬まで、10pくらいのわずかにピンク色なった蕾から収穫します。
4
 収穫したササユリは丈を規格ごとに切りそろえて結束し水揚げを行います。
5
 箱詰めした切り花はJAに集荷し各市場に出荷されます。