ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
太郎生道里夢の活動紹介
TOP>太郎生道里夢の活動紹介

津市街地から車で1時間半、奈良県との県境にある美杉町太郎生地区は人口1000人ほどの山間地にあります。
この太郎生で、太郎生住民によるむらおこしグループ『太郎生道里夢』を平成14年に結成しました。

メンバーは、根を加工した工芸品を展示する「かじや木の工房」、自家栽培のそば粉でそばを打つ「そば道場清貧庵」、年代物の岩ひばを栽培する「岩ひば栽培館」、コンテンポラリーアートの「ギャラリーVEGA」、日本画と山野草のギャラリー「風の花」、木工体験ができる「木の工房 こせ」、「木と布の工房 やまざる」、「木工房 サントル」、「大洞農園」、工房「二人静」、手作りパンの「ルポゼ」、天然ひのきオイルの「美杉の杜」など・・・いずれも個性派揃いの16軒から成るグループです。


木の根を使った工芸品を
展示する『かじや木の工房』

各々の特技や個性をいかし、人の行き交う活気あるむらにしようと奮闘しています。
様々な特技を持つ住民が集まることでむらを面白、そして、活気が生まれることを願っています。 

※『太郎生道里夢』結成の時のエピソードなどをブログ『こちら美杉町太郎生です』でも紹介しています。



太郎生で『太郎生朝市』を開催


平成24年5月から毎月第4日曜日に太郎生朝市を開催することになりました。
次回、太郎生道里夢市に日時は以下です。
   
日時 8月26日(日)9:00~12:00
   場所 美杉町太郎生 『丸八』駐車場


漬物や野菜、小物、わら細工、パン、お菓子、花、ミニ盆栽、山野草など様々な店がでる予定です。

出店者も募集しています。
出店料は、太郎生地区の方は200円、他の地域の方は500円です。

詳しくは、丸八(259-273-0002)へお問合せください。




『クリーン太郎生』と協力し、太郎生の美化と緑化整備に努める


『クリーン太郎生』は、美しい太郎生を守るために平成8年4月に発足されたボランティアグループです。

 ゴミや空き缶拾い、ゴミを捨てないよう注意を呼びかける看板の設置などの美化活動
そして、「桜で結ぼう国道368号線」を合言葉に、桜や菜種、アジサイ、水仙など様々な植物を、太郎生を横断する道368号線沿いに植えていくことで、太郎生の緑化と環境整備を行っていました。

 しかし、クリーン太郎生のメンバーが高齢のため活動がままならなくなってきたため、平成24年から、その活動を太郎生道里夢が協力して行っています。

≪参加募集≫
国道368号線沿いに植えた桜がまだ小さいので、雑草に負けてしまわないように草刈をしたり、道に伸びた邪魔な枝を切っていく作業をする予定なので、お手伝いしてくださる方を募集しています。
お問い合わせは 丸八まで(059-273-0002)


『クリーン太郎生』の詳細を知りたい方はこちら
をクリック








太郎生楽らく村街道の整備


名所を訪ね、メンバーの家々にも気軽に足を運んでもらえるようにと、むらの道を「太郎生楽らく村街道」と名づけ、道案内の看板を各所に設置。
 太郎生地区は曽爾高原へと続く東海自然歩道が横切っていました。看板を設置することで、これまでは通り過ぎるだけだったむらに足を留め、住民と親しく話す登山客が増えてました。
また、グループの案内所となっている商店「丸八」では、新しく開発されたこの地域の「森林セラピー」コースの案内もしています。

森林セラピーの詳細は「森林セラピー総合サイト」を参照ください。



ホームページ『太郎生道里夢市』から太郎生情報の発信


『太郎生道里夢』の若手メンバーで当ホームページ『太郎生道里夢』とブログ『こちら美杉町太郎生です』を作成しています。

ホームページから、全国へ太郎生情報を発信することで、太郎生の魅力を感じてもらえらばと思います。
また、ブログでは、太郎生で暮らす人々、『太郎生人』を定期的にご紹介していきたいと思っています。太郎生の人口は1000人ほどなので、一日一人紹介できれば、3年でブログ完了か!?
っと、期待しているのですが、たぶん無理…最低、週に一回は記事をアップする予定です。
『俺は太郎生マニアになる!』という意気込みで作成しています。
どうぞ、更新を期待してやってください。


このホームページに関するお問い合わせはreposer@zd.ztv.ne.jp(重井)まで


フッターイメージ