バイオセンター中津twitter

↑5〜7gの栽培の様子 (紀州ササユリ)

 『昔は山々にササユリがたくさん咲いていたのにねぇ。』という声をよく耳にします。そんな懐かしい桃色の花が庭で咲き、あのなんともいえない香りが立ちこめたらどんなに素敵でしょう。 
 ぜひ、ご自宅でササユリを育ててみてはいかがですか?


ササユリの育て方はこちら 

ササユリのフラワーアレンジメント紹介


■ 球根販売については下方にスクロールください 



ササユリ球根を植栽。日本一長い美山藤棚ロード

 
平成26年11月日高川町リフレッシュエリアみやまの里 森林公園(藤棚ロード入口付近法面)に地元小学生や地域の方々と共にササユリ球根を植栽しました。

日高川町リフレッシュエリア美山の里 美山森林公園(日本一長い藤棚ロード)
   和歌山県日高郡日高川町初湯川202番地
   お問い合わせ先→美山温泉 愛徳荘(公園管理) 0738−57−0241 
                                 
                 ササユリ香る美山(ササユリ観光ポスター)
                 平成26年6月の開花の様子はこちら  
                 
日高川町観光協会


■令和元年5月7日

 イノシシと思われる食害から生き残っている僅かなササユリたちが成長してきています。今年はわずか数十輪の開花となる見込みです。
 ササユリと同様に数年前より植栽を始めたキイジョウロウホトトギスが大きくなってきています(入口からミステリーハウスの間:推定100〜200株)。まだまだ小さい株が多いですが9月下旬〜10月上旬に花が観賞できそうです。

■31年3月1日 
 現在、植栽場所が公園内ということもあり、電柵、イノシシ対策の柵・ネットを設置が困難なため、有効な対策ができないままとなっています。
 このことから、例年行っている秋の植栽が実施できませんでした。昨年の被害中、生き残っているほんのわずかな球根の一部が今年も花を咲かせてくれると思っています。
 今後、日高川町ササユリ普及育成協議会では、イノシシ対策や植栽場所等を検討し、ササユリの咲く里山を再現できるよう進めてく予定です。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


■30年5月31日 
 
5月30日〜31日の一夜にイノシシと考えられる球根の食害の被害が発生しました。
 見頃を目前に約1000輪弱のつぼみの9割に食害と倒されている被害があり、今期につきましては、沢山の開花のササユリを観賞頂くことが見込めなくなりました。
 一部被害のない花(100輪程)につきましては、今後、被害の拡大がなければ6月中旬頃まで順次開花(チラホラ程度)する見込みです。
 
誠に申し訳ございませんが、ご来園のご予定の方には、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

■30年5月26日 

あと数日後に開花のつぼみがたくさんあります。

■■28年度の開花の様子■■ 

■28年6月5日

 これから数日で咲きそうなつぼみと10日前後に咲きそうなつぼみと一部花が散り始めた花があります。

推定500輪以上開花! 

■28年6月3日(開花ピークの状態です!)
28年6月1日 

■■27年度の開花の様子■■ 

■27年5月30日


■27年6月1日


■27年6月6日
 
満開!!



昔の里山の風景が復元できました。
平成27年は3〜5月の高温や5月末の連日の暑さ等で例年より10日程早まったようです。6日頃には推定約1000輪の花がさいていました。

朝〜昼は太陽の光で花がやや見にくいです。
     綺麗に見える曇り、小雨の時や香りが強い日暮れ時がオススメ!
     満開の時期を逃さないよう6月頭頃に愛徳荘またはバイオセンターにお問い合わせ頂く方がいいですよ。

 毎年夏頃に地面にワイヤーメッシュを敷いていない所の多くに動物の被害が出ており、冬にササユリ普及育成協議会メンバーで補植を行っています。



ササユリ球根販売
(★令和元年の予約受付を5月より開始しました★)
    
 
 球根の生育具合により、ご予約分の規格が不足し、お届けできない場合があります。
 その場合、ご予約頂きました規格の1つ下を代替品として送らせて頂きます。
 代替品をご希望されない場合は、予約の際に【
代替品(不可)】の旨を必ずお知らせ下さい。



※お支払方法は
代引きのみとなります!(必ず下記をご熟読ください)
球根の大きさ 数  量 価格(税込) 球根の大きさ・生育の目安
2〜4g 10球入り 3,500円 直径約1.5p 開花率約10%
草丈約30cm
5〜7g 6球入り 3,000円 直径約2〜3cm 開花率約70% 花:1輪
草丈約50cm
8〜19g 3球入り 3,000円 直径約3〜4cm 開花率約90%以上
花:1〜3輪
 草丈約50cm以上
20〜39g 3球入り 4,500円 直径約4〜5p 開花率約90%以上 花:数輪
草丈約100p程度
冊子 『ササユリ』
↑通年販売中
1部 500円 ササユリについて、和歌山県における調査研究、バイテクを活用した増殖・培養・栽培の実際、ササユリの自生地と保護、新聞記事、他 A5版40ページ

                   ※薬剤処理: チウラム・チオファネートメチル 堀上げ後球根浸漬 

注)生育の目安は農家のハウス栽培を元にした数値です。栽培環境によって目安と大きく差が出る場合があります。

            ササユリの冊子販売 500円
目安:左写真(対照500円硬貨)左から2〜4g、5〜7g、20〜39g

          

お申し込み期間 令和元年5月1日〜12月頃まで
※11月までは全サイズ販売数が未定のため、お客様からのご注文数を確保できない場合があります。
※完売になり次第ご注文受付を終了させていただきます。
※キャンセルがあった際、受付を再開させていただく場合もございます。
発 送 時 期  11中旬頃〜、順次発送予定 
お申し込み方法 電話(平日8:30〜17:30受付)、FAx・メール(毎日24時間受付可)

FAX・メール の場合:
 ・
お名前
 ・郵便番号
 ・住所
 ・電話番号
(代引きとなりますので必ずお知らせください)
 ・
球根の大きさおよび球根数(もしくはセット数)
   →:8〜19g 2セット (3個入り×2セットで6個) 代替品(不可)
 をご明記の上、ご送信ください。

■お申し込み先   
    メール  
 ←クリック
     TEL・FAX 0738-54-0095
そ  の  他 ※お支払方法につきまして、代引きとさせて頂きます。
 
準備が出来次第、順次発送させて頂きますのでよろしくお願い致します。
 
送料・代引手数料はお客様でのご負担となりますこと予めご了承ください。
・ご来所いただける場合:前もってご予約いただき、
  代金(商品代)と引き替えになります。
球根発送時に
ササユリの育て方のプリントを同封致します。
・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
     TEL・FAX 0738-54-0095
送料
(60サイズ)

(2kgまで)
地     域 代引き手数料
605円 関西 大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山 〜9,684円
手数料324円
648円 東海 三重、岐阜、愛知、静岡
北陸 富山、石川、福井 9,685〜29,579円
手数料432円
中国 岡山、広島、鳥取、島根、山口
702円 信越 長野、新潟 29,580〜98,919円
手数料648円
756円 四国 香川、徳島、愛媛、高知
九州 福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島 98,920〜300,000円
手数料1,080円
関東 山梨、東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬、茨城
864円 南東北 宮城、山形、福島 ※合計お支払金額につきましては、お気軽にお問い合わせください。
972円 北東北 青森、岩手、秋田
1,361円 北海道、沖縄 (令和元年4月の料金表)
※数に限りがございますので、お早めにご注文ください。(ご予約順)
※数量がなくなり次第、受付を終了させていだきますので、ご了承ください。
※手数料、送料につきまして、球根の発送時期までの取り扱い運送業者の料金値上げに伴い、上記金額より値上がりする場合がございます。ご了承お願いいたします。
※冊子のみのご購入の場合郵便振替によるお支払いになります。(冊子代+送料+振替手数料)

 
鉢植えでの栽培イメージ(8g〜19gの6球植え)


冊子の販売

自生地の様子

切り花出荷の取り組み

培養球根の生産

 ササユリは西日本各地の野山に自生するユリ科の植物です。花は淡いピンク色で、香りが良く清楚な姿から人気の高い山野草のひとつです。6月頃のホタルが舞う頃と同じ時期に花を咲かせます。ササユリは種を植えてから花が咲くまで6〜7年もかかり、球根が腐敗しやすく他のユリに比べて栽培が困難といわれています。
 
和歌山県には市町村合併までシンボルフラワーとして「ササユリ」を指定していた市町村が7つあり(平成15年調べ)、昔からササユリの自生地であり、多くの県民に親しまれてきたことがわかります。
 
なかでも世界遺産の熊野古道沿いの西牟婁郡大塔、中辺路、東牟婁郡本宮にも昔からササユリが自生していたようで、初夏に咲く頃には、清楚な花と香りで熊野詣出に行く人々の疲れを癒してくれたのかもしれません。
 
このように昔から人々の心を和ませてくれたササユリは環境の変化などによってその優美な姿を消しつつあります。


植物名:ササユリ(ささゆり、笹ゆり、笹ユリ、笹百合)
一部地域では「山ゆり」とよび親しまれている


 日高川町ではこのササユリを取り上げ、切り花の特産化に取り組んでいます。
 今回販売する球根は、町内に自生するササユリの種を無菌培養して育て、畑で数年栽培したものです。栽培管理によっては今期に開花が見込めます。球根と一緒に栽培のポイントを書いたプリントも発送いたしますので気軽にお申し込みください。
 また、6月上旬には日高川町美山にある藤棚ロードにてササユリを観賞することが出来ます。

     →美山藤棚ロード



 冊子の販売

初版の小冊子「ササユリ バイオテクノロジーによる生産」につきましては皆様方からご好評をいただいて在庫がありませんでした。
 ササユリを愛する皆様方のご意見に少しでも答えられればと思い、取り組みの様子や図解を多く使い改訂出版することといたしました。(平成22年出版)
 内容は、  1 ササユリについて −名前の由来、形態的特性など−
        2 和歌山県におけるササユリの調査研究   
        3 バイテクを活用したササユリの増殖
        4 培養の実際 ○種子培養 ○リン片培養
        5 栽培の実際 ○球根養成栽培 ○切花栽培 ○趣味園芸(鉢・花壇)
        6 ササユリの自生地と保護
        7 ササユリの多様な活用
        8 ササユリ普及育成協議会活動
        9 バイオセンター中津のあゆみ
       10 参考:報道に取り上げられた新聞記事
 冊子はA5版。上質紙を使用し、参考資料などを含め40ページです。


冊子 : ササユリ 
バイオササユリの生産


財)日高川町ふるさと振興公社
バイオセンター中津

内容 : ササユリについて ・ 和歌山県における調査研究 ・ バイテクを活用したササユリの増殖
培養の実際・ 栽培の実際・ ササユリの自生地と保護 他


価格500円

※数量に限りあり


■■■ササユリの鉢物販売■■■
道の駅SanPin中津0738−54−0541
道のほっとステーションみやまの里
0738−57−0113
にて農家生産のササユリ鉢物を販売しています。
月下旬頃〜月上旬頃まで
在庫状況を産品までお問い合わせください。



  お問い合わせ先 

日高川町ササユリ普及育成協議会事務局

バイオセンター中津

和歌山県日高郡日高川町高津尾1052−1
TEL・FAX::0738-54-0095
受付:AM9:00〜PM5:00 土曜・日曜・祭日を除く

Mail : bio01@zd.ztv.ne.jp
メールの方はここをクリック             


バイオセンター中津トップページへ戻る




ササユリ 香り におい 観光 見る 観光地 群生 希少 絶滅 栽培
ささゆり   観光   見学 ブライダル 結婚 ロマンス
笹百合   観光 観賞 見る かおり
笹ゆり 笹ユリ ささ百合 ササユリ園 植栽 保護 人気スポット
率川神社 三輪 大神神社 わたらせ 熊野 古道 神武天皇 清楚
ササ百合 観光 見ごろ 見頃 満開 切り花 生け花 ブーケ 花屋
ササユリ 見る 観光地 園 ササユリ 香り におい 観光 見る 観光地 群生
ささゆり   観光   見学 u薄桜
笹百合   観光 観賞 見る
笹ゆり 笹ユリ ささ百合 ササユリ園 植栽 人気スポット

ササ百合 観光 見ごろ 見頃
ササユリ 見る 観光地 恋  関西 近畿 ユリ 百合 ゆり園